主な利用方法について

手提げ袋

不織布とは、繊維を織らないで縦方向に並べて重ね、熱プレスなどの方法で繊維を固定して強度を出したシート状のものです。綿や麻などの天然素材やレーヨン、ポリプロピレンなどの合成素材などの繊維を並べて作るだけなので大量生産が可能です。不織布には小さい穴が多くあり通気性やろ過性、吸水性などを備えています。衣類や家庭用のふきんなど生活用品の他に産業では主にエアフィルターや製紙用フェルト、医療の場合はお産用パットやガーゼ、農業では遮光シートなどの用品として不織布は色々な分野で活躍しています。また、フェルトも不織布の内の一つで、主に手芸などで活用されています。

選ぶ際にチェックするポイント

不織布を素材にした製品は数多く見られますが、マスクの場合肌触りの他に保湿性も確認しておいた方が良いでしょう。保湿性があるものであれば乾燥から喉を守り、暖かさを維持してくれるでしょう。農業の場合は遮光シートを利用する場合が多いため、密度や遮光率、材質を確認すると良いでしょう。密度と遮光率が高いと草が突き抜けず、発芽や生育も一切しません。また、材質がポリプロピレンであれば、熱や紫外線にも耐性を示します。

選ぶ時は利用目的に合わせよう

不織布の製品はそれぞれの分野に向けて数多くの開発がなされ、製品の数を増やしています。しかし、中には一見同じに見えても素材や性能が異なり、それぞれ用途が違うこともあります。不織布が必要で入手するためにはまず、どの製品でもそうですが、何の目的で利用するつもりなのかを把握してからになります。先に利用目的を明確にしておけば、数多くの不織布の製品の中から選ぶことになった時に迷わずに済みますし、目的のものを選べるでしょう。